So-net無料ブログ作成
検索選択

アップルサイダーと彼女 片岡義男 1979年の思い出 [私事です]

就職して1年を過ぎたあたり私は稲城市で一人暮らしを始めた。
今どんな町になってるのかまったく知らない。
1980年代に入る少し前、東京都となっているが田園風景と梨畑があるのどかな町だった。
読売ランドのすぐそば。
4畳半のアパート、トイレ、風呂共同で15000円の家賃だった。
車の駐車場はただの空き地だったので月3000円だ。ただし、私は車を3台所有していた時期もあったので結構助かった。
会社までは車、バイク、自転車、徒歩と気分次第で変えていた。

電車でも行けたが分倍河原で乗り換えが面倒だった。
一時電車で会社に行ったとき、帰りに乗り換えで結構時間があった。
そんな時は駅の本屋で時間つぶしに立ち読みをしていた。
今、思い出すと暗い本屋だった。
「アップルサイダーと彼女」
アップルサイダーか、飲んでみたいなと思い手に取った。


「アップルサイダーと彼女」片岡義男 角川文庫

カバーの写真が新鮮だった。
拾い読みするとバイクの話が多い。
思わず読んでいると止まらなくなった。
これ以降片岡義男の本にはまって文庫本はかなり買った。
新刊本も出ると買っていた。




数日前に実家に帰って本棚をみていて久々に本を手に取った。
分倍河原駅の本屋でのあの時の感触が蘇った。
数冊を取り出し家に持って帰ってきた。



最近、リターンライダーの中年バイカーが増えてきたらしい。
私もその中の一人だ。



アップル・サイダーと彼女 (角川文庫 緑 371-6)

アップル・サイダーと彼女 (角川文庫 緑 371-6)

  • 作者: 片岡 義男
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1979/11
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。