So-net無料ブログ作成
検索選択

αー7 ちょっと贅沢 [カメラ ミノルタ]

アベノミクスで景気向上の予感が巷で流れて、円安、株価上昇。
大企業の中には給料が上がるようです。
とりあえず私の給料は今のところ変化は無く、会社の状況から見ても期待は出来そうも無いです。
それでも巷でのちょっとした景気回復ムードに乗せられて何となく明るい気分になります。
そんな言い訳をしつつ財布を緩めてしまいます。

ミノルタのαシリーズの「7」系は今まで「7000」「7700i」「7xi」「707si」とそろいました。
沢山集めても皆使うわけでもありませんが欲しくなってしまいます。
そして最後は「αー7」。でも買えるものがありませんでした。

先日、ネットで中古カメラを覗いていたら、αー7が家の近くで安く出ていました。
で、買ってきました。

DSCN4378.JPG

いつもはジャンク箱からしか買いません。
しかし、このαー7は以前から探してました。
でもなかなか手ごろな価格のものがありません。
ジャンクで出ることは今のところは、無いでしょう。

DSCN4380.JPG

買ったこのカメラ背面はべたつきが有り、あまり状態は良くありませんでした。
でも、触っているうちに気にならないようになりました。
価格はいつも買うジャンク品の10倍くらいでしょう。
しばらくはジャンク品漁りもやめないといけません。

カメラ本体の使用感は、私としては微妙です。
機種としては中級機のようですが、かなりいろいろと、細かい設定が出来きます。
しかし、私が使うときはプログラムが殆どで後は絞り優先です。
機能に関しての詳しいことは別のページでも参考にしてください。

気に入ったところはファインダー内の表示でしょうか。
「αー7」にはその以前に「αー7xi」がありました。

「7xi」を購入したてはアイスタートなどに馴染めずに違和感を感じてました。
このαー7xiは最近は私の常用になっています。
7xi+xiレンズが楽しく感じます。
オートズームも最初は違和感を感じましたがそれも今は心地よいです。
慣れでしょうか。
7xiはファインダー内に操作ガイドが出ます。
ファインダーを覗きながら右手のみで操作できるのも非常に心地いいです。
ブラケット機能が無いようですが、ポジを使わない私にとっては特に必要はありません。

DSCN4382.JPG
左「αー7」 右「αー7xi」

今後、慣れてくれば「αー7」の評価は変わるでしょう。

αー7は背面の液晶がデジタルカメラ風です。
それまでのファンクションボタンやモードボタンでやる操作もダイヤルやスイッチに代わりました。

肝心の写真写りは手持ちの標準レンズなのでボディーでは変わら無いはずです。

FH000003.JPG

FH000002.JPG
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

アキオ

ミノルタはやっぱりいいなぁ。
柔らかい自然な写り、と言うイメージは、
いまだに消えません、、Nikon機しか持っていない今でも。

フィルム一眼、、欲しくなってきたかも。
(レンズからまた始めないと行けないと言う敷居の高さはありますが)
by アキオ (2013-04-14 20:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。