So-net無料ブログ作成
検索選択

マツダ ルーチェレガート (ストックカーレースの思いで) [車ネタ]

日本ではまだストックカーレースは行われているのだろうか?
1980年代前〜中期ごろ
モータースポーツにちょっと限界を感じ始め都会での生活を引き払い田舎にかえって2、3年たったころ後輩のT君が遊びに来てくれた。
彼は優秀なレーシングメカニックでもあり自分でもレースをして何度か表賞台にも登っていた。
その彼が「いまストックカーレースに出ている」と「マシンはルーチェレガートで作っている」と話してくれた。
そして、作るに当たって相談があるからとやってきたようだ。
実際は、私など、なにも貸せるような知識も無いのでウナギをおごってやるだけでした。

今度のレースを見に来てくれないかと言うので富士に出かけました。
アメリカンレースはあまり興味が無い。
しかも、マシンがルーチェレガートだ。
当然レーシングキットは皆無だ。
足周りはなんとか探して作ったようだがブレーキ等はだいぶ悩んでいた。トラック(タイタン)のものを強引につけていたと思う。
几帳面な性格な彼のマシンはさすがにプロ作り。
パールホワイトに繊細なレタリングで書かれたゼッケンは美しく仕上がっていた。
(このゼッケンはオフィシャルから見にくいと予選後クレームがついていた。)
レガートはエンジンロータリー13B型、エンジンは自分で組み上げたらしいがほとんどノーマルらしい。weeber製のキャブだったと記憶している。
ミッションは当時のサバンナ用のレースキット、ファイナルはギヤをノーマルの中から使えるものを選択していたようだ。
デフはノーマルと記憶している。
ロールバーは4点。
タイヤはサイズは憶えていませんがとにかくスリックでした。
その他はお金をかけない仕様になっていた。(プロダクション仕様とおもってください)
ルーチェの外観は角目の縦4灯のアメリカンフェイス。
ピラードハードトップでサイドからみた姿もかっちかちのセダンです。
そのときでていた他のマシンはカマロ、セドリック、クラウン・・・・。
で台数も10台前後だったような記憶です。
カマロはアメリカ人ドライバーでパドックもなんかとても国際レースの雰囲気でした。これがはやい(ドライバーは?)
いつも見ていたレースとは異質でした。
クラス分けも300キュービックインチとか500キュービックインチとか
(CCにとっさに換算できない!!)
「見に来て下さい」といわれホイホイとお洒落してゲスト気取っていきましたが車検で重量不足になりウエイト積むのに大騒ぎになってしまったり、ブレーキが甘くなってしまったりと。相変わらずどたばたでした。
結果「2位か3位だった」と記憶が・・・・。
どのクルマも前半はがんがん攻めるのですが後半はブレーキが持たない。みんなラップが落ちていきます。(重量のせいか?)
レース的には組み立ても何もできない、我慢大会です。
レース後「オートスポーツ」誌からインタビューされてました。
載っている号は買って持っているがどこかにあるはずです。

ルーチェレガート
参考写真
マツダの人しか知らないような地味なクルマですがレーシングルーチェはこの時以外、後にも先きにも見た事は無いです。
知ってる人は貴重な方です。

ストックカー参考
http://www.mmjp.or.jp/60srace/JapanStockcarRace1.html

追加2005/4/10
写真みつけました。

訂正と追記の記事を書きました。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 3

へーそんなオモろそうな4輪レースがあったんですな。ちょっと今、あるかわかんないですが・・私 2輪が専門ですので。でも、手作りのマシンでレースするってところは同じなんでわかります。大変なのが楽しいんです。動いて完走できてら満足。順位はあんまりきにしないのが草レースのいいところ。
ホントは表彰台に1度はたちたい・・・
by (2005-02-15 19:05) 

アキオ

ロータリールーチェ、、
現存するんですかねぇ、、SAはまだ愛好家がいそうですけどね。
(ロータリー愛好家の家にあるのかも)
最後のルーチェにもREは載ってたんでしたっけ??
なんとなくですが、ランチアのテーマ8.32に通じる物を感じます。。

ストックカーは??
オイラの世代だと縁が無かったかも。
by アキオ (2005-02-15 19:38) 

phantom

> morishibaさん
草レースでも是非トップを狙って下さい。
レースは上位を走ると面白みが断然違います。
別世界の面白さです。
>akio_no_s30z さん
最後はどーねんでしょうね。
ルーチェの名前ならREはあったと思いますが、詳しいことは判りません。

ストックカーレースは後輩のT君は頭を狙えるレースとして出ていた様です。
その昔は(1970年前後)アメリカからドライバーを招待したり、国内で活躍した鈴木誠一選手などはアメリカのレースに出たりして盛んでした。
by phantom (2005-02-15 23:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。